関連リンク

G-SECにおける東日本大震災復興支援関連活動

(所属・肩書は講演当時のものです。)

東日本大震災を受けてグローバルセキュリティ研究所では、震災や復興について幅広い視点からとらえた活動を行い、成果を社会と共有してきました。

1 Lessons from JAPAN Disaster

研究代表者:竹中平蔵(G-SEC所長・総合政策学部教授)
 今回の震災を“複合連鎖危機”ととらえ、さまざまな分野の専門家を結集し、「新しい危機管理」の視点から多角的に分析を行い、そこから得た経験と教訓を書籍にまとめて4か国語で出版し、Disseminationにより世界に発信しました。

本事業は、森記念財団との共同事業として、ウシオ電機株式会社、オリックス株式会社、キッコーマン株式会社、全日本空輸株式会社、武田薬品工業株式会社、森ビル株式会社(50音順)のご支援により実施しました。

G-SEC緊急フォーラム「新しい危機管理を求めて」(2011年4月~2011年7月)

コーディネーター:竹中平蔵(G-SEC所長,総合政策学部教授)
 防災、経済、政治、エネルギーなど広範な分野の第一線の政策研究者らにお集まりいただき、それぞれの専門の視点から、東日本大震災について論じていただき、議論を重ねました。

第1回 4月4日「関東大震災の経験から学ぶ」
講師:櫻川 昌哉(グローバルセキュリティ研究所副所長・経済学部教授)
第2回 4月11日「超広域M9地震津波複合災害の経験、防災の効果と次への備えについての初見」
講師:西川 智(国土交通省国土計画局広域地方計画課長)(元 内閣府災害予防・広報・国際防災協力参事官)
第3回 4月18日「災害危機管理:新しいメディアの視点から」
講師:村井 純(環境情報学部教授)
第4回 4月25日「災害対応と危機管理政策」
講師:市川 宏雄(明治大学専門職大学院長、明治大学危機管理研究センター所長)
第5回 5月9日「復興策:政府の役割、民間の役割」
講師:嘉治 佐保子(経済学部教授)
講師:小幡 績(経営管理研究科准教授)
第6回 5月16日「東日本大震災における事業継続、サプライチェーン」
講師:丸谷 浩明((財)建設経済研究所 研究理事、NPO法人事業継続推進機構 理事長)
第7回 5月23日
「調査から見た消費意識の変化」
 講師:袖川 芳之(㈱電通 ソーシャル・ソリューション局 ソーシャル・マーケティング部 専任部長)
「震災の復旧・復興に関する資料と論点の整理」
 講師:高田 裕久(一般財団法人日本経済研究所 常務理事事務局長)
第8回 6月6日「東日本大震災と日本の電力市場整備」
講師:八田 達夫(大阪大学招聘教授・学習院大学客員研究員)
第9回 6月20日「東日本大震災後の日本経済の行方」
講師:竹内 淳一郎(日本経済研究センター主任研究員)
第10回 6月27日「東日本大震災に見るValue of Tokyo」
講師:久保 隆行(財団法人森記念財団 都市戦略研究所 主任研究員)
第11回 7月4日「震災復興におけるNPO活動の現状」
講師:大久保 和孝(新日本有限責任監査法人 CSR担当パートナー)
講師:藤沢 烈 (株式会社RCF 代表)
第12回 7月11日「法政策学から見た震災復興と法制度設計」
講師:田村 次朗(法学部教授)
講師:隅田 浩司(東京富士大学 経営学部准教授)

書籍「日本大災害の教訓:複合危機とリスク管理」(東洋経済新報社)(2012年1月)

東日本大震災は、日本において「複合連鎖危機」を招きました。「危機管理」は国際的にも重大関心事となっており、その重要なケースとして注目されています。今回の大震災の問題を多角的に分析し、その教訓を世界に発信することこそが、日本を援助し励ましてくれた世界に対する責務といえます。 こうした問題意識に立ち、各分野の政策専門家10名を結集し、「新しい危機管理」の観点から分析・議論を行い集約されたのが本書です。

  • ・英語版「Lessons from the Disaster」(ジャパンタイムズ社)
  • ・韓国語版 高麗大学の協力により出版
  • ・中国語版 北京大学の林振江先生、林光江先生、古市 雅子先生の協力により出版

出版記念シンポジウム(2012年1月20日)

Dissemination(2012年1月~2012年5月)

書籍の執筆者が海外を訪ね、現地のシンクタンク、政府機関、大学等と連携し、本件をテーマとしたシンポジウム、セミナーを世界7カ国10都市で開催し、講演・ディスカッションを行ないました。

2012年1月
スイス「世界経済フォーラム(World Economic Forum、通称ダボス会議)」
公式出席者全員に配布されるUSBメモリに、「Lessons from the Disaster」(ジャパンタイムズ社)全文を入れていただきました。
2012年3月
韓国(ソウル) 「高麗大学日本研究センター国際学術シンポジウム」
イタリア(ローマ) 「在伊日本大使館主催イベント」
イギリス(ロンドン) 「チャタムハウス‐大和日英基金共催セミナー」
         「オックスフォード大学日産日本問題研究所主催シンポジウム」
アメリカ(ワシントン・ボストン・ニューヨーク)
 「PROGRAM ON U.S.–JAPAN RELATIONS
 Weatherhead Center FOR INTERNATIONAL AFFAIRS 」ハーバード大学
 「Council on Foreign Relations」NY
 「New York Meetings Program Council on Foreign Relations」NY
 「CRIS (Center for Strategic & International Studies) conference」
2012年4月
中国(北京) 「北京大学主催 シンポジウム」
2012年5月
インドネシア (ジャカルタ) 「CRIS ジャカルタ主催」シンポジウム
シンガポール(シンガポール)
  RSIS(Rajaratnam School of International Studies) Nanyan Technological University 主催シンポジウム

2 セミナー・講座

G-SEC Faculty Seminar(2011年5月~2012年1月)

コーディネーター:田村次朗(G-SEC副所長,法学部教授)
東日本大震災について、学内教員・研究者が専門分野の視点からとらえた講演会を開催しました。

第1回 5月11日「震災復興を契機とした資源循環型社会の新しいパラダイム」
講師:細田 衛士(経済学部教授)
第2回 6月14日「震災復興期の税制・社会保障改革」
講師:土井 丈朗(経済学部教授)
第3回 7月1日「東日本大震災後の経済政策運営」
講師:深尾 光洋(商学部教授)
第4回 10月7日「東日本大震災における医療支援の実態と新しい支援形態」
講師:本間 聡起(医学部先端医療・環境情報科学講座 特任准教授,G-SEC研究員)
第5回 12月6日「『3.11』震災報道を考える-政策報道と政局報道を中心に-」
講師:大石 裕(法学部長)
第6回 1月13日「東日本大震災で見直される日本人の働き方」
講師:山本 勲(商学部准教授)

公開講座「自立と絆」(2011年11月~2011年12月)

コーディネーター:櫻川昌哉(G-SEC副所長,経済学部教授)
東日本大震災を踏まえて、自分たちでできること、自立社会をいかに創るか、日本人としての進歩等をテーマに、国、自治体、地域コミュニティー、NPO法人等のいろいろな視点から講師をお招きして、情報提供と自ら考えていただく機会を提供しました。

第1回11月5日
「日本の防災の経験と今後-企業と家庭での被害軽減のために-」
 講師: 西川 智(国土交通省土地・建設産業局土地市場課長)
第2回11月12日
「3.11にみるコミュニティー拠点の役割」
 講師: 坂倉 杏介(G-SEC特任講師(芝の家PJファシリテータ))
第3回11月26日(土)
「NPOのリーダーシップによる震災復興」
 講師: 藤沢 烈(一般社団法人RCF復興支援チーム 代表理事)
第4回12月3日
「東日本大震災を踏まえた地域防災力に向けた区の取り組み」
 講師: 遠井 基樹(防災危機管理室 防災課長)

関連リンク